• Twitter Clean
  • w-facebook
  • w-googleplus

腰痛

 「腰が痛い」「腰が重い」「腰が重だるい」「腰を曲げられない」「腰を曲げると痛い」「腰を反らせない」「腰を反らすと痛い」「長時間座っていると痛み出す」「仰向けで寝れない」「脚まで痛み出す」などなど腰痛の症状や程度、起こる状況は様々です。当然のことながら、腰痛の原因も様々です。

 

 従って、原因をキチンと特定し、原因に合わせた対策を行わなければ「腰痛」はいつまで経っても解決せずに慢性化し、場合によっては症状を悪化させてしまう恐れもあります。

 

 このページにて、いくつかの代表的な腰痛の種類とその原因・対処法などをお伝えしていきますので、是非あなたの腰痛対策にお役立てください。また、個別の腰痛症状に関してはそれぞれの記事をお読みください。

腰痛の80%以上が原因不明!

 

 腰痛は「二足歩行を始めた人類の宿命である」と言われたりします。また、日本国民の8割を超える人がその長い生涯において少なくとも一度は腰痛を経験するとも言われます。

 

 それくらい多くの方が経験する腰痛ではありますが、実は病院や整形外科などを受診しても、腰痛の原因が判明するのはそのうちの15%程度に過ぎないそうです。

 

 つまり、それ以外の80%を越える腰痛に関しては原因が不明となります。

 

 ここで言う原因が判明した腰痛というのは、レントゲンやMRIなどの画像検査などから明らかになった「椎間板ヘルニア」や「圧迫骨折」・「脊椎分離(すべり)症」・「脊柱管狭窄症」などや「尿管結石」や「子宮内膜症」・「急性膵炎」などの内科疾患のことを言います。

 

 反対に、このように明らかな原因が特定できない腰痛が80%を超え「原因不明」となるのです。病院や整形外科で「原因不明」となった腰痛に対しては、電気治療や牽引・マッサージや湿布・鎮痛薬が処方されて「これでしばらく様子をみましょう!」ということになるようです。

 

 でも、これでは一時的には腰痛が楽になることはあっても、根本的な原因が特定できておらず、対症療法でしかないので、すぐに腰痛がぶり返すことになります。

注)骨や椎間板の変形や変性があっても、腰痛の症状が出ない方もいます。又、椎間板ヘルニアの手術をして突出した部分を切除したにも関わらず、痛みやシビレが改善しなかったといったこともありますので、画像検査で見つかった異常が痛みの原因とは限りません。

 

 従って、仮に「椎間板ヘルニア」などが見つかっても手術は最終手段としてお考えください。まずは手術以外の保存療法から始めて、(当店のような民間療法なども含め)何を試してもダメだったといった場合に最終手段として手術をご検討ください。

腰痛の種類

 

 先程、病院や整形外科で原因を特定できる腰痛は「椎間板ヘルニア」や「脊柱管狭窄症」・「内科疾患」など15%程度と述べました。そして、あと残りの80%以上が原因不明ということでしたが、実際に痛みや不快感などの症状がある以上は必ず何かしらの原因が存在するはずです。原因がなければ、結果である症状が起きる訳がありません。

 

 当店を含め民間資格の「徒手療法」を行う施術所ではレントゲンやMRIなどの画像検査はできませんが、日頃の臨床経験から「触診」や「視診」などの技術を磨くことで、画像検査では判断できない「関節の動き」や「筋肉の柔軟性」などを見分けることができます。

 

 それを判断材料にして、病院で「原因不明」とされた腰痛の原因を見つけます。

 

 それでは、何が腰痛を招くのかと言うとそのほとんどは筋肉や靭帯、関節包、椎間板などの軟部組織と言われるレントゲンでは映らない組織の問題か、猫背などの姿勢・骨格バランスの問題、関節自体の可動性の問題、さらには最近よく言われているストレスの問題です。

 

病院の検査で

原因が特定される腰痛・・・・・・15%程度

(代表的なモノ)

「腰部椎間板ヘルニア」「脊柱管狭窄症」「脊椎分離(すべり)症」

「脊椎圧迫骨折」「尿管結石」「急性膵炎」「子宮内膜症」「感染症」「ガン」など

 

 

 

病院の検査で

原因が特定できない腰痛・・・・・80%以上

 

①筋肉などの軟部組織が原因

「筋・筋膜性腰痛」「癒着」「凝り」「疲労」など

 

②姿勢や骨格バランスが原因

「猫背」「平背」「生理的前弯減少」「生理的前弯過剰」など

 

③関節の可動性減少or亢進が原因

「腰椎椎間関節」「腰仙関節」「仙腸関節」「股関節」「足関節」など

 

④ストレスが原因

「仕事」「人間関係」「家庭問題」など精神的なストレスも含む。

 

人体のメカニズムに詳しくない方にも

 

 原因が分かれば、あとはそれに合わせた対処法を行えば問題解決となるのですが、それは我々のような「徒手療法」及び「視診」「触診」などの臨床経験を身に付けた治療家が行えばと言う条件がつきます。

 

 人体の「解剖学」「生理学」「運動学」などのメカニズムに詳しくない一般の方にはなかなか難しいことかと思います。

 

 ですので、一般の方でも理解しやすくて、セルフケアにも工夫・応用しやすくなる考え方をお伝えします。

腰痛の原因→○○○→結果である痛み

 

 上の「○○○」に入る言葉はわかりますか?これこそが、一般の方にも簡単に理解し易くて、セルフケアに役立つ重要なヒントになります。

そして、病院で「原因不明」と言われた腰痛のどれにも共通したモノになるのです。

「○○○」に入る共通したモノはそれは「血行不良」

 

 腰痛の原因が何であれ、その原因がもたらす途中経過ないし通過点として、腰周辺の筋肉、腱、靭帯、関節(包)、椎間板などの細胞・組織に「血行不良」を招きます。

 

 血行不良が起きることで細胞や組織に十分な酸素や栄養が届かなくなると同時に、老廃物や疲労物質は回収されなくなり、逆に痛みを発生させる物質が出来て、周りの神経を刺激して痛みに繋がります。

 

 そして、この痛みにキチンと対処をしておかないと次のような「負の連鎖(悪循環)」になります。

 

「痛み→交感神経を刺激→毛細血管を収縮→血行不良→細胞の酸素・栄養不足→発痛物質の産生→神経を刺激→痛み→交感神経を刺激………」

 

 従って、この「負の連鎖」を断ち切ることが必要になります。江南健生堂のような整体でも鍼灸治療でもマッサージでも、さらにはセルフケアとして温浴療法や運動療法、吐くことを意識した深呼吸でも、なんでも構わないので「血行不良」を解消することができれば、痛みや不快な症状は解消されます。

 

 そして、その効果が出来るだけ長く続けば、それだけ日常生活が快適に過ごせるようになるのです。

 

コルセットやサポーターのメリット・デメリット

 

「ギックリ腰」や動かすと痛む腰痛の場合、「コルセット」や「サポーター」をつけると腰の患部に掛かる負担が軽減して、比較的ラクに生活することができます。

 

 これがメリットなワケですが、と同時に患部に負担が掛からないということで、筋肉に対する負荷も減り、筋力は弱化します。

 

 また、コルセットやサポーターは患部をがっちりと圧迫固定するので、血流が低下してしまい、回復のスピードを遅らせます。

 

 コルセットやサポーターはあくまでも痛みが強い時だけ使用するものと決めて、痛みが軽減してきたら、直ちに使用を止めて、筋力を強化して自前のコルセットを作るようにしましょうね。

江南健生堂の腰痛整体

 

 江南健生堂では根本原因に対するアプローチはもちろんのこと、「血行不良」を改善させるためのアプローチなども行います。

 

①凝り固まった筋肉をマッサージ

 

②癒着した筋・筋膜をリリース(解放)

 

③猫背や脊柱・骨盤のゆがみを矯正

 

④関節の可動性異常(減少or亢進)を調整

 

⑤痛みを感知する脳へのストレスを減らす頭蓋骨調整

 

キネシオテーピングにより、筋肉の動きをサポート

 

⑦セルフケアや筋トレ法を指導

 

*腰痛に限らず、慢性症状と考えられているものは日頃の身体の使い方やクセなどの影響で発生することがほとんどです。

 

 江南健生堂の整体を何回か受けていただくことで、元々の腰痛の辛さなどは大幅に減少するか、ほとんど気にならないほどに改善すると思われますが、一度症状が治まったからといって、再び何のケアもせずに、いつもの生活を繰り返せば、元の悪い状態に逆戻りしてしまいます。

 

 そうならないためにも通院中にお伝えしたセルフケアや筋トレ法などをキチンと行い、その上で定期的に通院していただくことをおススメします。

 

 日常生活の過ごし方や活動量によって、メンテナンスケアの間隔は人それぞれ違いますので、一概には決められませんが、ひと月に1・2度ぐらいで通われると辛い症状に戻ることなく、快適な生活を続けることができると思います。

一日も早く辛い症状から解放されるようにお手伝い致します。

 現在、当店の施術を初めて受ける方限定で、

​  初回優待価格キャンペーンを実施しております。

​  詳しくはこちらをクリックしてご確認ください。

ホームページを見て、予約したいのですがとおっしゃってください。

初めての方へ

 優待価格キャンペーン

​   実施中

 1日3名様限り

   詳しくはこちら…

 

 江南健生堂には下記のような症状の方々がご来院されています。

 

頭痛、めまい、吐き気、睡眠障害、ムチウチ症、顎関節症、頸椎症、頸椎ヘルニア、寝違え胸郭出口症候群肩こり脊柱管狭窄症、背部痛、四十肩・五十肩(肩関節周囲炎)テニス肘、ゴルフ肘、腱鞘炎、腰痛坐骨神経痛、手根管症候群、椎間板ヘルニア、脊椎分離すべり症、下肢のシビレ変形性関節症、股関節痛、膝痛、ジャンパー膝、オスグット、ランナーズニー、仙腸関節機能障害、仙腸関節炎、骨盤のゆがみ、自律神経障害、ぎっくり腰(急性腰痛症)足底筋膜炎足首捻挫後遺症、外反母趾、O脚・X脚、産後骨盤痛、足のむくみ、猫背など

 

 江南健生堂には下記の地域にお住いの方々がご来店されています。

 

愛知県

江南市、小牧市、一宮市、岩倉市、扶桑町、大口町、清須市、豊田市、名古屋市、北名古屋市、丹羽郡、犬山市、東海市、春日井市、稲沢市、知多郡

岐阜県

岐阜市、羽島市、可児市、各務原市

院長プロフィール

整体 江南健生堂

 院長 市川 司 です。

 1973年1月27日生まれ。

 

 あなたの快適な日常を取り

 戻すお手伝いを全力でさせ

 ていただきます。

 江南健生堂  営業案内

(受付時間)

 午前 9:00~12:00

 午後 14:00~19:00

 (最終入店時刻 20:00)

 

(定休日)

  毎週 月曜・木曜日

 

(電話)

   0587-96-8084

肩こりや腰痛などの辛い慢性症状にお困りでしたら、江南健生堂にご相談ください。

当店は民間療法による整体治療院です。サイトの中で掲載されております整体の感想や体験談は個人の感想・体験談になります。すべての方に同様の整体の効果を保証するものではありませんので、予めご了承くださいませ。また、健康に関する情報やセルフケア法なども個人の既往歴・基礎疾患・症状に応じて適さない場合もありますので、不安な方は当店にお電話いただくか、かかりつけの専門機関にご相談ください。

〒483-8206愛知県江南市古知野町千丸20-1レジデンス吉野1A  TEL 0587-96-8084

 営業時間  午前9時~12時、午後14時~19時       定休日 毎週 月曜日・木曜日

当店のご案内

当店の施術

 当店では、お身体の不調の真の原因を見つけ出し、根本から症状を改善させていくことを目指しています多くの場合………

 

     ……続きを読む

健康お役立ち情報

   お知らせ

平成30年3月より

新しいホームページサイト

 を公開いたしましたので、そちらもご覧下さい。