• Twitter Clean
  • w-facebook
  • w-googleplus

関節が鳴る音

 ①、②のどちらの状況であっても、音が鳴るということは関節にはストレスとなります。しかし、冒頭でもお伝えした通り、普通に生活している中で、痛みもなく発生する音であれば、あまり気にしなくても良いと考えます。

 

 ただし、音を鳴らすことがクセになっているとしたら、その頻度はきっと多くなっていると思われます。「チリも積もれば……」ということもありますので控えてもらった方が良いでしょう!特に首を勢いよく回してコキコキ鳴らすクセは脊髄神経や頭部につながる大事な血管にダメージを与える可能性がありますのですぐに止めましょう。

 

 クセが止められないのは、クセを行うことで何らかの不快感を解消していると思われますので、その根本である不快感を生み出す原因を見つけて改善しましょう。また、もし痛みを伴なう音が鳴るのであれば、すぐに専門機関などに相談しましょう。

江南健生堂ホーム健康情報>関節が鳴る音

「歩いている時、ひざが『ポキッ』って音が鳴るんです」。「肘を曲げたり、伸ばしたりすると『パキッ』って音が鳴るんです」。お客様がよくお話されることです。

 

そしてこの後、続けてこう言われます。「この音が鳴るのって、カラダには良くないんでしょ?骨が太くなるとか聞くんですけど…」。

 

結構多くの方が同じような話をされますので、この時は大抵、次のようにお答えしています。

 

「音が鳴る時に痛みも一緒にありますか?もし、痛みがないのならあまり気にしなくてもいいですよ!普通に生活している中で出てくる音なら特に心配はいりません。ただし、音を鳴らすことが気持ちよくてクセになっているのであれば、控えた方がいいかもしれません!」。

 

(う~~~ん。分かったような、分からないような…)

 

整体をしている時は、このように簡単に説明してしまうことが多いのですが、ここではその仕組みをしっかり説明しますね。

関節を動かすとなぜ音が鳴るのか?

 それでは今からその仕組みをしっかり説明します。

 

…と言いたい所ですが、

 実はこの音が鳴る仕組みはいまだに完全には解明されていないのです。

 なので、ここでは現在までに判明した事実を元に、一般的に認識されているというレベルでの「関節が鳴る音(クラックホーン)の仕組み」をお話しします。

関節の中で発生した気泡が破裂!?

 骨と骨がつながり合う場所、それが関節。これは特に問題なくお分かりいただけますね。…で、この関節つまり骨同士がつながる所は関節包と呼ばれる袋で覆われています。この袋の中には骨同士がスムースに動けるようにと関節液(滑液とも言います)で満たされています。関節液はその名の通り、液体ではありますがその中には窒素などの気体成分も混ぜ込まれています。言葉による説明ばかりでは分かりにくいと思いますので、下図も参照してください。

 では、説明を続けます。

「関節液の中には窒素などの気体も含まれている」という所まで説明しました。

 

その気体が関節を曲げ伸ばしの素早い動きなどをした際に、気泡に変わり、さらにその気泡がはじける音が骨に共鳴して「パキッ」とか「ポキッ」という音として聞こえるのです。(「………???」)

 

 すみません…よくわかりませんよね。説明が飛びすぎました。

なぜ関節液の中の気体が気泡に変わるのか?

 ここを説明しておかないといけませんね!

 

 通常、関節包の中は一定量の関節液で満たされており、内圧も一定です。しかし、関節を動かすと内圧が変化し、関節液の中に混ぜ込まれていた気体成分が気泡に変化します。

 イメージできますか?

 

 ピッタリではありませんが少しイメージが近いので身近な例でお話します。

私は炭酸ジュースが大好きです。クリスマスにはシャンメリー(ノンアルコールの炭酸飲料)を飲むのが定番です。うちの子達も炭酸ジュースが大好きです。

 

 

 

それは置いといて。

 

 

 

 キャップの開いていないペットボトルに入った炭酸ジュースとコルク蓋が閉まったビンに入ったシャンメリー。普通にテーブルの上に置かれていれば、どちらも気泡は見えない液体です。しかし、その中には高圧力で炭酸という気体が混ぜ込まれています。そして、このペットボトルを激しく振ってから開けると「プシュッ」という音とともに瞬く間に炭酸が泡となって出てきます。

シャンメリーの方はコルク蓋を開けると気泡ができるのと同時に気泡がはじけ、その音は容器のビンに共鳴して「ポン」という心地良い音がします(ちょっと強引ですが、だいたいこんなイメージです)。

 つまり、関節包の中の関節液も曲げ伸ばしの動きで内圧が変化すると同じように気泡ができます。また、気泡がはじける音は骨と共鳴することで「パキッ」とか「ポキッ」といった独特の音がするのです。少しはイメージしていただけましたか?

 もう少し説明にお付き合いください。

「できた気泡がはじけて音がする」なんとなく理解していただけたかもしれません。ただし、気泡ができるほどの内圧の変化を生むには条件があります。先ほど、「関節を曲げ伸ばしの素早い動きなどをした際に、気泡に変わり…」と書きました。つまり、ゆっくり普通に動かしたただけでは音はなりません。急激だったり、普通でない状態で動かすことで気泡ができて、はじけて音が鳴るのです。この条件になる状況は2つあります。

 

その①

 関節にまたがる筋肉が異常に硬くなったり、反対に異常に緩くなったりすることで関節が正常なポジションでなくなると関節周辺の組織(靭帯や腱)が動く時に関節とこすれることがあります(正常であればこすれることはありません)。その際、ギターの弦を弾くような素早い動きでこすれると気泡が発生します。

 

その②

 関節液の中に含まれる成分には損傷した組織や細胞を修復する成分も含まれています。この成分はケガなどで炎症を起こした関節はもちろん、異常のない関節 でも普段からあまり動かしていない関節などには集まりやすく、その成分が周りの組織も巻き込んでくっついてしまうこと(癒着)があります。周りの組織とくっついてしまうと当然その関節は動かしにくくなります。この癒着をはがすように関節を動かすことで気泡が発生し、音が鳴ります。自分で指をポキポキ鳴らしたり、首をコキコキ鳴らしたり、整体で関節の動きを正常化させる目的で行う矯正の際に出る音などはまさにこれに当たります(矯正音自体は矯正がうまくいったかどうかの判断材料にはなりません。音が鳴っても関節の動きは悪いままのこともありますし、反対に音は鳴らなくても関節の動きが正常化することもあります)。

 

 以上が、

「関節を動かした時に鳴る音の仕組み」と考えられています。

・・・で結局、

 

関節がポキポキ鳴るのはカラダに良くないの?

 江南健生堂でもお役に立てるかもしれません。もっと詳しく知りたい方は

こちらをクリックして下さい。

初めての方へ

 優待価格キャンペーン

​   実施中

 1日3名様限り

   詳しくはこちら…

 

 江南健生堂には下記のような症状の方々がご来院されています。

 

頭痛、めまい、吐き気、睡眠障害、ムチウチ症、顎関節症、頸椎症、頸椎ヘルニア、寝違え胸郭出口症候群肩こり脊柱管狭窄症、背部痛、四十肩・五十肩(肩関節周囲炎)テニス肘、ゴルフ肘、腱鞘炎、腰痛坐骨神経痛、手根管症候群、椎間板ヘルニア、脊椎分離すべり症、下肢のシビレ変形性関節症、股関節痛、膝痛、ジャンパー膝、オスグット、ランナーズニー、仙腸関節機能障害、仙腸関節炎、骨盤のゆがみ、自律神経障害、ぎっくり腰(急性腰痛症)足底筋膜炎足首捻挫後遺症、外反母趾、O脚・X脚、産後骨盤痛、足のむくみ、猫背など

 

 江南健生堂には下記の地域にお住いの方々がご来店されています。

 

愛知県

江南市、小牧市、一宮市、岩倉市、扶桑町、大口町、清須市、豊田市、名古屋市、北名古屋市、丹羽郡、犬山市、東海市、春日井市、稲沢市、知多郡

岐阜県

岐阜市、羽島市、可児市、各務原市

院長プロフィール

整体 江南健生堂

 院長 市川 司 です。

 1973年1月27日生まれ。

 

 あなたの快適な日常を取り

 戻すお手伝いを全力でさせ

 ていただきます。

 江南健生堂  営業案内

(受付時間)

 午前 9:00~12:00

 午後 14:00~19:00

 (最終入店時刻 20:00)

 

(定休日)

  毎週 月曜・木曜日

 

(電話)

   0587-96-8084

肩こりや腰痛などの辛い慢性症状にお困りでしたら、江南健生堂にご相談ください。

当店は民間療法による整体治療院です。サイトの中で掲載されております整体の感想や体験談は個人の感想・体験談になります。すべての方に同様の整体の効果を保証するものではありませんので、予めご了承くださいませ。また、健康に関する情報やセルフケア法なども個人の既往歴・基礎疾患・症状に応じて適さない場合もありますので、不安な方は当店にお電話いただくか、かかりつけの専門機関にご相談ください。

〒483-8206愛知県江南市古知野町千丸20-1レジデンス吉野1A  TEL 0587-96-8084

 営業時間  午前9時~12時、午後14時~19時       定休日 毎週 月曜日・木曜日

当店のご案内

当店の施術

 当店では、お身体の不調の真の原因を見つけ出し、根本から症状を改善させていくことを目指しています多くの場合………

 

     ……続きを読む

健康お役立ち情報

   お知らせ

平成30年3月より

新しいホームページサイト

 を公開いたしましたので、そちらもご覧下さい。